子どもがお風呂を嫌がる解消法を実践。子どもは楽しく、大人は快適なリラックスタイムを。

この記事にはプロモーションが含まれます。

お風呂を嫌がる子どもを楽しませる方法 おもちゃ紹介

大人だって
入浴はめんどくさい
(温泉は除く)

どうも、ラシクです。
ただいま、次女がイヤイヤ期到来中です。

お風呂、イヤ!
寝るの、イヤ!
食べる、スキ!

こんな感じです。。。

うちは食べることが大好きなので、それには困りませんが、お風呂に入ることを嫌がるのが本当に困る。

共働きで帰宅後は戦争なのに、入浴で時間を取られたくない。

そこで、ラシク家は子どもがお風呂を楽しくできる工夫を実践してみました。

うちの子たちには、効果抜群だったので参考にしてください。

スポンサーリンク

1歳児・2歳児が特にお風呂を嫌がるのはなぜか。

新生児のころもそうだったんですが、特に1歳くらいから2歳にかけて、お風呂を嫌がることが多くなりました。

一方で3歳過ぎたあたりからは嫌がることも少なく、すんなりと入浴タイムを過ごせていたと思います。

なぜだろう?と考えたら、自分一人で遊ぶことを考えられるようになったからじゃないのかな。

おもちゃがなくても、工夫して遊べるようになる。

1・2歳児はおもちゃや遊ぶテーマを与えないと、遊ぶことができないから、お風呂はつまらないのかもしれません。

もっと、物理的に顔に水がかかることが嫌ということもあると思いますが、今回は子どもにはつまらない入浴タイムを楽しいものに変えていきたいと思います。

バスボールや100均アイテムは効果抜群。けど、コスパが悪すぎる。

長女はバスボールが大好き。
キャラクターものでしっかりしているバスボールだと、数百円しますよね。

100均で売っている、お湯でカプセルが溶けてスポンジが出ていくおもちゃも最初は物珍しく効果がありましたが、それも徐々に薄れて行きますよね。

何よりも維持費がかかる!!!

極力、お金はかけたくないのが本音。

子どもと一緒に泡風呂を作って、体を洗うことを楽しくさせる。

泡風呂を手作りしていく

ラシク流あわあわで洗いっこの作り方(ボディーソープ)

①洗面器にボディーソープを一滴。
②勢いよくシャワーをかける。
③泡がどんどん出来ていくので、適度に止める。

この泡は子どもの体に付けてあげるととても喜びます。
子どもから親の体に泡を付けてくれるようになるので、洗いっこを通じて「ありがとう」や「うれしい」などのコミュニケーションを取ります。

これで子どもの体を洗うもよし、洗いっこするのもよし。

ラシク流子ども専用の泡風呂の作り方

①湯舟に洗面器を浮かべます。
②ボディーソープを一滴。
③勢いよくシャワーをかける。
④洗面器から泡がどんどんこぼれていく。
⑤洗面器内が半透明の水になりだしたら、シャワーを止める。
⑥お好みの泡風呂ができるまで、①からを繰り返す。

泡風呂は大人もなんだか楽しいですよね。
特にボディソープで作る泡はすぐに消えてなくなるので、子どもにとっては不思議で興味が沸いていきます。

湯舟全面だけではなく、半面だけ泡風呂にするなど応用がきく

・入浴剤は子どものお肌が気になる。使用ボディーソープはお肌に優しいビオレu(Biore)の液体タイプ

ビオレuは赤ちゃんのころから使用できる弱酸性のボディウォッシュです。
敏感肌のひとでも安心して、泡風呂を作ることができます。

created by Rinker
花王
¥257 (2024/04/14 14:11:53時点 Amazon調べ-詳細)

こつこつ貯めてきたスーパーボールで宝探し

子どもが大きくなるにつれて、お祭りや縁日、イベントなどでスーパーボールをもらう機会が増えていきます。

室内遊びでスーパーボールを使うと片付けが面倒くさいし、外で使うとすぐにどっか無くなる。

ラシク家はこつこつと貯めていました(子どもに渡していないだけ)。

けっこうな数のスーパーボールがありました。

水遊びじゃなく、お風呂でスーパーボールすくいで楽しいを演出

とりあえず、あるだけのスーパーボールを集め、湯舟に投入しました。

これが大当たり!!!

お風呂イヤイヤの次女が率先してお風呂に行くようになりました。

物を掴むことやバケツにいれること。
ポイでうまくボールをすくうこと。

何しても1歳児・2歳児は楽しいんでしょうね。

スーパーボールすくいは子どもには最高のお風呂遊び

ファミリーマート・セブンイレブンのアイスコーヒーのカップがお風呂遊びにオススメ

お砂遊び用のバケツを使っていましたが、アイスコーヒーのプラスチック製の透明カップを洗って、お風呂に用意したら、子どもたちは大喜びしてくれました。

大人が飲んでいる姿を目の当たりにしているからかな。

バケツよりはコーヒーカップを優先的に遊ぶようになりました。

ボールすくいだけではなく、ままごとが始まることも。

大人の安易な考えだと、カップはボールすくいの受け皿でしか考えていませんでした。

そのうちカラフルなボールをカップに入れて、ドリンクやパフェを作り始めました。

また、4歳の長女はこれを凍らせることを思いついたりします。

泡風呂×スーパーボールは宝探し気分で子どものテンションはマックス

ラシク家は飽きが来ないように、泡風呂の日・スーパーボールの日と分けることが多いです。

今回は動画撮影のため、泡風呂とスーパーボールすくいを同時に行いました。

カラフルなスーパーボールが白い泡の中に見え隠れする姿は大人が見ても綺麗だし、子どもには宝探し気分でなかなかお風呂から出てくれませんでした。

泡とカラフルなスーパーボールは相性抜群

お風呂遊びも知育と思い、いろいろ工夫していきましょう。子どもの発想は無限大!

子どもたちの考え方は大人が思いつかないようなことばかり。

泡と水と透明カップでビールと作ったり。
カラフルなボールは果物と見立てたり。
水しぶきがたつことを理科的観点で知ったり。

見ているだけで子どもたちの成長が垣間見えます。

お風呂遊びに熱中になると、ママパパもゆったりと入浴タイムを過ごしてストレス解消

一人遊びしてくれるから、ゆっくりとバスタイムを楽しめる

ママ・パパは子どもに合わせないといけないので、慌ただしく髪を洗って、体を洗って、洗顔して、と忙しなく入浴が終わってしまいがち。

子どもたちがお風呂遊びに夢中になると、それらもいつもよりはゆっくりと過ごすことができます。

泡で遊ぶなら、湯舟から出て遊んでもくれますので、ゆっくりとお湯に浸かることができます。

少しでも育児のストレスが解消させると思います。

もちろん、目を離さないでくださいね!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育てパパランキング
子育てパパランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました